ガンプラでは見られない技術が満載:バンダイ フィギュアライズラボ 南ことり

「ニューこのり」と書いたときに何がデジャヴ感があったのですが、これでした。

「このり」ではなく「ことり」でしたが。

バンダイの実験台プロジェクト、「フィギュアライズラボ」の南ことりです。

このシリーズは

・ホシノフミナ(ガンダムビルダダイバーズトライ)色違い2種

・初音ミク

と来て、第3弾がこの南ことり(ラブライブ!)です。特に第一弾のホシノフミナは肌の下に肉を成形することで血色のいい肌色を出すという技術で狂気の沙汰だと話題になりましたね。

とはいえ、今までは形状はバンダイの枠内で決められていましたが、今回の南ことりはガチのアニメフィギュア会社「アルター」の造形監修にて設計されています。

但し私はラブライブ!は観たことがないので、このキャラがどういった性格のどういった立ち位置なのかまったく分かりません(笑。そういう立ち位置でもこのモデルを購入された方はそこそこいらっしゃるのではないでしょうか? 見せて貰おうか!バンダイの以下略、的な意味で。

 

パーツ数は多くないのですが、箱の大きさ自体はMGガンプラ級。

下の箱は比較用の「はいぱーギャン子」です。

 

顔の造形をハイパーギャン子と比較。一回り大きいですね。この分だと背丈も高そう。

 

南ことりの顔パーツ。頬の /// が成形なんですよこれ…。

 

ギャン子の顔パーツ。これはこれで高度な成形ですが、アプローチの仕方がプラモデル的です。

 

南ことりの顔パーツの内側。4色レイヤードインジェクションです。

 

南ことりの瞳パーツ。はいぱーギャン子はシール対応でしたが、こちらは成形色にて対応。瞳のハイライト部(白く大きな丸)の周囲のグラデーションが見物。

 

フィギュアライズラボは毎回新技術に挑戦するのですが、今回はプラスチックでどこまでアイドル衣装を再現できるのかがテーマ。たとえばこれ、偏光パール素材です。

 

素材感に注目しがちですが、端部のレースの成形もプラモデル越えをしています。

ご覧の通り未組立ですが、メーカーの完成写真などを見ると力が入っている箇所とそうでない箇所の落差が激しかったり(たとえばスカートの上に乗っている花のエッジが甘すぎる)、今までのフィギュアライズラボの成形技術が全投入されているわけではない(たとえば顔以外の肌色パーツはレイヤーインジェクションされていない)のが残念な点ですが、とにかくガンプラでは見られない技術が満載ですので、プラモデルの可能性を体感したい方にはおすすめのキットかと思います。

フィギュアライズラボ  南ことり  色分け済みプラモデル(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)