カーワックスがオワコン?

クルマが修理から上がってきまして、左側面だけ新車になりました。前後ドア交換、アルミホイール交換、バンパー交換など合計で3桁万円(全部車両保険)。えっ事故なんだから相手の保険なんじゃないのかって? それはそうなんですが、こちらが自動車保険に入っている場合、処理の迅速化を図るためにまずこちらの車はこちらの自動車保険で直して、それで相手から貰う過失相殺割合に応じた金額は損保ジャパンに入る仕組みなのだそうです。等級の下り具合も変わりませんし、私の負担額も0円ですし、過失割合決まる前に修理できるし、合理的ではあります。

で、左側面。塗装がトゥルントゥルンです。折角なのでこの状態を長く維持したいなぁと思って色々調べていたら、いまカーワックスって使っている人激減してるんだそうですね。

 

確かに週末に車にワックスを塗っている人、ずいぶん見なくなった気がします。理由は色々挙げられているのですが、

・そもそも車の塗装の性能向上
・納車時コーティングの普及
・洗車機ワックスの普及
・車離れ
・箱型などワックスがけしにくい/しても映えないボディ形状の普及

あたりが理由として挙げられているようです。確かにワックスの店頭ラインアップもずいぶん寂しくなった気がします。

実は今乗っているA3 (8V) はあまり真面目にワックス(コート剤も含めて)をかけてこなかったんですが、ワックスがけてボディを擦る回数が少なかったせいか、細かいスクラッチ傷が少ないんですよね。以前乗っていた車はワックスを頻繁にかけていたせいで意外と細かい傷だらけでした。一体何が正解なのかわからないですね。

で、私はどうしたかというと、手元にあったリンレイのフッ素コート剤を塗っておきました。さすがに何もしないのは忍びないので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)