GoPro HERO 10

GoPro HERO 9 を売って、GoPro HERO 10 を買いました。

 

3.5万で売って、5.4万で買い。差額1.9万円。本家Webサイトでの販売価格は、既存サブスクユーザーは5.4万円、新規登録ユーザーは5.4万円+サブスク1年分(6,000円相当)。既存ユーザーは実質的に6千円高く買わされるわけです。ああなるほど、既存ユーザーを大事にしない姿勢なんですね、と心置きなく新規アカウントを作成してサブスク1年分付きで購入。

 

HERO 9からの改良点は主に3点。

(1)タッチパネルの反応が大幅改良。(あくまでGoProとしては)
(2)QuickCapture からの動画録画で音声にプチプチノイズが入らない。
(3)撮影色調がビビッドなものではなくナチュラル調なものに。

どれも「それ改良というよりは不具合直しただけじゃん」と言われそうなものですが、それがGoProです。電池周りは既存のものが使い回せるので助かります。

操作は基本スマホから、QuickCapture も使わない、というケースであれば HERO 9 で充分かと思います。

 

なんか「首またはリュックストラップに提げて撮りっぱなし」より「撮影時だけ手に持って撮影」の方が撮影効率も編集効率も映像の見栄えも良い気がしてきたので、落とさないようにストラップも一緒に購入。KOKUYOの携帯電話等用の汎用品ですが、色を見て「GoPro用じゃん」と秒で買いました。(文房具店にて購入。)

まだろくに撮影していないですが、購入後割とすぐに知人から「車外に取り付けて撮影して欲しい」と頼まれたものの「それ道交法違反だから」で終了。まぁ出番は突然やってくるので、そのときに備えて機材をアップデートした感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)