RF 35mm f/1.8

X-T30を手放した後に、RF 35mm f/1.8を買いました。キャッシュバックやってたし。(既に対象購入期間は終了。)

 

手元にco1氏から譲って貰った銘玉「EF 35mm f/2」があるのに…という思いで手を出さないでいたレンズ。しかし今年以降リリースのRF単焦点シリーズの噂を聞くと、どうもこのRF 35mm f/1.8の設計思想はRFシリーズの本流らしい。だったら買うか…ということで。

4月頃にマップカメラで瞬間最大風速的に安いタイミングがあって、ポイント増量やらキヤノンのキャッシュバックやらで、実質4万円程度で買えた計算です。

 

このレンズの特徴、前玉より大きい後玉。RFシステムでは後玉から撮像素子の間までの設計がはっちゃけていて、今までできなかった欲張りなレンズばかりがラインナップ。このRF 35mmも開放でゆるゆる、絞ってカッチリ、しかもハーフマクロ、それでいて軽量、手ブレ補正つき、という一粒で何度も美味しいレンズ。使ってみて、なるほどこれは面白いと思いました。

 

まぁあまり出掛けられないので持ち出すチャンスも少ないのですが、これがRFシステムか、ということがよく解ります。

前玉が小さいのがカッコ悪い…と思っていましたが、いろいろ遊べるレンズだということが解って、そんなところは気にならなくなりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)