EOS R6: 安いフィルムで虹彩現象が出る

最近液晶保護フィルムで外れたことがないので「どれでもいいや」と思って選んだハクバ製のEOS R6の液晶保護フィルム。700円くらいだったかと思いますが、慢心でした。

 

見事に虹彩現象が出ました…orz 見えますか?フィルムに色ムラが付いているの。これはフィルムの厚さが微妙に均一でないために光の反射率が変化して発生する模様です。

ついカッとなって、一番高いやつに張り替えました。

 

ハクバのやつが3枚買える(つまり通常のハクバの3倍)「銀一プロデュース GRAMAS エクストラガラス」です!! そしてこれが背景に色が付いていると色が抜けてしまうキヤノンのオートホワイトバランスの悪いクセ!(EOS R6で撮影)

 

ガラスなのであまり曲がらず、曲がらないから貼りやすいかと思いきやそんなことはなく、いや苦労しました。厚みがあって存在感があるので、少しの曲がりも目立ってしまうのです。そして表面がトゥルントゥルンなので張り直しで持ち上げるためのセロテープがくっつかないのです。仕方ないので裁縫針を持ち出して端を持ち上げて張り直す羽目に。フィルム(ガラス)貼りでこんなに苦労したのは久しぶりです。(なおPowerShot G5Xm2で撮影)

厚みがあるので液晶反転収納時に変な圧がかかるんじゃないかと思いましたが、一応クリアランス内には収まっているみたい。

 

トゥルントゥルンゆえ、指紋が付かない、または付いても見えません。触り心地も官能的。すごい性能です。ただ、貼るのにすごく苦労するのでもう一回貼るのは勘弁願いたいかな…。貼ったあとの使い心地は最高なんですけどね。スマホのようにガイド枠とか付属していればなぁ。自分でマスキングテープとかでガイドラインを作ってからそれに当てるようにして貼ればいいのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)