MGドム

高速代かけてガンダムベース東京に行ったら、ギャンだけ買って帰るの勿体ないじゃないですか…

MGギャンの隣に二回りは大きいキットが並んでて、いかんせん箱が大きいので購入は躊躇するのですが、ギャン一個だけ買って帰るというのも…ということで…

こういう心境で…

 

MGドムも買ってきてしまいました。今年2月に5月出荷分の抽選販売が行われたものです。今回は抽選なく、普通に再販。

ちなみに慌てて出掛けたのでガンダムベースのポイントカードを忘れてしまったのですが、予めバンダイナムコIDとポイントカードの紐付け登録をしていたので、ガンダムベースのWebページからポイントカード相当のバーコードを表示することができて助かりました。

 

正しく2022年モデル。1999年に発売された初代MGのリニューアルバージョンですが、特にVer.2.0というような表記はありません。間違えないのか、大丈夫かと思いますが、まぁ1999年発売のパッケージアートはいかにもCGだったので、一度見れば区別つきますかね。なお1999年版と2022年版はパッケージアートのドムのポーズ自体は同じですが、左足が前なのが1999年版、右足が前なのが2022年版です。あるいは腰が引けてるのが1999年版、腰が前に出てるのが2022年版です。(誰得情報

 

にしても、収納場所を盛大に食う箱の大きさです。正面寸法も大きい上に、厚みもあります。

 

iPhone 12 miniと並べてみました。こんな感じだと、iPhone 13 / 13 Proと同じくらいの高さですかね。

 

とにかくパーツが大きい。足のフットプリントは1/60ザクと同じくらいあると思います。

 

赤い部品が多数…これはスカートの裏とかズボンの裾の裏の赤ですね。赤の裏地が付属するところはさすがMGですねぇ。

 

HGメッサーもそうでしたが、最近のガンプラは胴体が太くても関係なく前屈ができるんですよね。

 

いやーバックシャン、カッコイイ。完成したらこの角度で飾っておくかも。車なんかでもこの角度の写真ありますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)