ネット難民

になった。

朝からFlet’s ADSLの調子が悪く、モデムのリンクが成立しない。NTTに電話したところ、別段大規模障害は発生していないので個別の障害だという。

1時間も経たないうちにNTTのサービスマンが駆けつけたところまでは立派だが、一通り…ループバックや屋外配線まで…調べた上で、異常がないという。

サービスマン曰く、回線事態には異常がないので、途中経路で何らかの電波を受けているなどの障害が発生していると考えられるが、ウチの回線は一夜にして「ADSLサポート地域外」になってしまったのと同じなのだという。ADSLはベストエフォート型のサービスなので、そういった「サポート地域外」で何とか繋がる別の収容回線に切り替えをする工事(回線調整)は1万数千円かかるという。

普通のユーザならここでブチ切れるところだろうが、1エンドユーザ(俺)と1サービスマンが喧嘩してもNTTの約款が変わるわけではないので、冷静を装って回線調整をお願いした。サービスマンが最寄りのNTT局に回線調整の依頼のTELをしたあと、「もうすることがなくなったので」と去っていった。

サービスマンの駆けつける早さは立派だったが、彼の言動の節々に「数々のクレーマーと闘った痕跡」みたいなものが感じられて、ちょっとトゲトゲしかったのが惜しかった。

間もなく最寄りのNTT局から回線調整の意思を確認するTELが入った。平日に改めて営業担当より電話をするという。一夜にしておそらくで使えなくなった回線を復旧するのになぜ自分が1万数千円払わねばならないのかという疑問を腹に貯めつつ、ネットが数日使えなくても大丈夫かどうか思案していたところ、またNTT局からTELがあった。

「回線調整にお金もかかりますし、営業の手配もするのも手間がかかるので、局側の機器を再起動してみたんですけど…リンク成立していませんか?」

…?

リンク成立してるよ!ヒャッホー

あっぶねー、もう少しでNTT局側の機器の不調に1万数千円払わされるところだったよ。

NTTの回線調整をお願いしようとしている皆さん、その前にNTT局側の機器の再起動を依頼した方がいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)