MD音楽をiTunesへ

もう全然再生されていないMDライブラリをiTunesに入れるために、MDプレイヤーをMacの近くによっこらせ。

Macとの接続は当初オーディオテクニカ社のUSBオーディオアダプタATC-USBA3を使ってみたが、このアダプタ、MacOS X Tiger標準ドライバでさっくり認識するものの、音量コントロールができない。やむなく大福背面のライン入力端子に直接ぶち込むことにする。

大福背面のライン入力端子だと若干音が痩せるのだが、まぁ最終的にはポータブル機で再生するのでまぁいいやと。

録音はROXIO Toast6に付属するCD Spin Doctor2を初めて使ってみたが、いやー結構使いやすいっすねこれ。最低限の機能しかないところがかえって(・∀・)イイ。でも「トラック自動認識」や「簡単な音質調整機能」もあるので、MDから録音して痩せた分を少しドンシャリ傾向に調節して分割AIFFで保存。それをiTunesに放り込んでAAC 128kbpsに変換する。

これでMDライブラリを晴れてiPodで楽しめるわけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)