SHURE E4G(E4c)のスリーブ インプレッション

E4Gにはスリーブが4種類付属するが、それぞれを聴いた印象は以下の通り。

Flex Sleeves…白い半透明のやつ。音はワイドレンジで、角が立ち、硬質な印象。ただし固めなので、激しい動きでは4種類の中では一番落下しやすい。

Soft Flex Sleeves…標準装備の灰色のやつ。音はワイドレンジだが、半透明のやつよりは音の角が丸くなる印象。装着感が柔らかく、万人向けかも。

Form Sleeves…いわゆるイヤーウイスパー。音質はハイ寄り、高域のきらびやかさが印象的だが、低域は抜け気味。汚れたら使い捨てなのが不経済。初心者には装着の違和感が一番少ないはず。

Triple-Flange Sleeves…いわゆる三段キノコ。信じられないくらい耳奥に入っている感じがする。Formとは逆に、音質はロー寄り。高域の分解能は低めになるが、低域の迫力は4種類の中で一番。

上記の印象は耳の形にも左右されるので、他の方の場合は違う印象になる可能性もあることを付け加えておく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)