ヤナセの件

「とりあえず対外的には「直営化」したことにして、ブランドイメージの定着・サービスネットワークの拡充が行われた暁には、ヤナセ出資分8店舗を返却することにより、アウディ・ジャパンによる追加投資を最小限に抑えたのではないでしょうか?」

うん、まぁ、そういうのを含めて「教育」(=ヤナセでは直営の応対品質やブランド力が出せない)と言ったつもりだったんですけど…(汗

もっとも、アウディフォーラム(直営・表参道)のスタッフが「そりゃねぇよ」って対応をしたという話を聞くし、直営化すれば必ず行き届くってもんじゃないと思いますけどね。

余談ですけど、ガイシャの修理金額が高くなる理由の1つは、「メーカーから詳細な日本語による技術指導がしてもらえない」とか「本社への技術的問い合わせの意図が通じない(言葉が通じない?)」というものらしく、本国だとパーツ交換で済むところが、日本だとアセンブリ交換になってしまう場合があるらしいです。

こういうところは直営化しても一緒でしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)