「DSテレビ」の代わりに導入したもの

こっちにした。

ロケフリ1

値段全然違うけどな!

「寝られないからと言ってデジタル機器に頼ると、脳が活性化して余計に睡眠の質が落ちると思う。良くない。せいぜいラジオか本くらいにしておけ」って言ってたの誰だ。俺か。

導入には丸一日検討した。取説PDFをダウンロードして熟読した。熟読したがよく解らない部分もあった。

・ロケフリベースステージョンLF-PK20は、パソコンからネット接続するための無線LANアクセスポイントとしても利用可能(アクセスポイントモード)。既存の無線LANにクライアントとして参加することも可能(クライアントモード)。クライアントモードだと設置が楽だが、無線LANの帯域をロケフリ→無線LANルータ間と、無線LANルータ→PSP間の転送でタイムシェアリングすることになるので、どのくらいの実効速度が出るか心配。1~2Mbps出ればいい方ではないか。

・PSPからレコーダ類をリモートコントロールするには、リモコンコードのデータが入ったファイルを、PSPを使ってソニーのWebからダウンロードする必要がある。その際、なぜかメモリースティックDUOがPSPに装着されていることが必要。ケースも欲しかったので、アクセサリーキットを購入。

・ロケフリベースステージョンLF-PK20は、ソニーのWebには「横置きに設置できません」とあるが、取説にはそんなことは書かれていない。排熱を考えると底面及び後面上部に吸排気ダクトがあるので縦置きが理想なのだろうが、取説で禁止していないということは横置きでもある程度耐えられる実力があるのか。あとでソニーに訊いてみよう。

ところで、このロケフリのような機能はいずれテレビなりレコーダなりに組み込まれると思う。単品売りで2.5万円くらいなら、原価率ほにゃららで、レコーダに入れれば売価1万円うpくらいで組み込めるんじゃないだろうか。既にレコーダにはH.264エンコーダやチューナやLANはある訳だし。

こうしてみると、レコーダやPS3やロケフリはどんどんお互いが同じ機器に収斂してきているような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)