サンタさんの真実はどのようにバレたか(一例)

ムスメ(小6)が同級生に「サンタは実はいない」「サンタは実はお父さん」と言われてショックを受けています。

同級生の家でバレるきっかけになったのは、その家のムスメさんが寝たふりをしているところに、お父さんがプレゼントを置きに来てしまったのだそうです。

迂闊なヤツめ!(アムロ

お父さんの風上にも置けませんな…エンターティナ—としての本気と自覚が足りなさすぎる…。

そんなわけでしばらくゲッソリしていた(ちびまる子ちゃん風で言う顔に縦線が入っている状態)ムスメですが、ipod touch が貰えなくなったら困るので、サンタさんがいると信じているフリをしています。

多くの方の感動を誘った↓このQ&Aですが、

「わたしはサンタさんがいると思っています。逆に、いないと言っている人の意味がわかりません。」

私にはあまりにも冷や水に感じます。

「サンタさんは小学生までなんだよ」

ということにして、サンタさんを信じたまま終わらせたかったんですけどね。

Apple iPod touch 16GB ピンク MGFY2J/A(Amazon)

「サンタさんの真実はどのようにバレたか(一例)」への2件のフィードバック

  1. なんか、身につまされる気持ちです。
    我が家はもう自然消滅して、サンタの
    事は誰も話題にしなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)