圏央道 神崎IC~大栄JCTの開通セレモニー(不参加)

「常磐道と東関道を直接結ぶ、圏央道 神崎IC~大栄JCTの開通セレモニー」

いやぁ、これに参加しようかと思ったんですけど、次の用事が押していたので参加できず。セレモニーの少し前に現地を通過しただけでした。

shimofusaic-1

すっごい田舎で、下総(しもふさ)インター(下の写真)なんか、どうすんだこれ的な場所に建設されちゃって…。もっとも、東関東道との接続点では降りられないのでここに作らざるを得なかったのかも知れませんが。

shimofusaic-2

写真は撮っていませんが、高速道路上には開通マニアの方でしょうか、数時間前には大変な行列が形成されていました。観光バスも来ていたのですが、そういうツアーがあるんですかね?それとも工事関係者ですかね?

この高速道路ができたお陰で、実家に帰る時間が10分ほど短縮されそうな気がします。わずか10分しか短縮されないのは、一般道の方が直線ルートなのと、一般道側にも信号が少ないこと、そして極めて高速道に近い速度で流れているからです(ぉ

自分の家の近くに高速道路が開通するなんて一生に1回あるかないかなので貴重な機会だったとは思うのですが、まぁほとぼりが冷めた頃に便利に使わせて頂きます。

ただ、神崎(こうざき)ICで降りる客を当て込んだ道の駅「発酵の里こうざき」の渋滞によっては、高速道を使っても時間が短縮されないという、本末転倒な結果になるかも知れませんね。


高速道路の謎 扶桑社新書(Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)