ハリアー

レヴォーグ/インプレッサ兄弟車やマツダ・アクセラでは室内が狭い、レガシィ・アウトバックやマツダ・アテンザでは大きすぎる、VW/Audiは不祥事で先行き不透明、ボルボはディーラーが遠い、となると、いわゆる背の低い車にはもはや選択肢がないんじゃないかと思い、背の高い車にも目を向けてみることにしました。

となると、売れ筋のハリアーですよね。若者っぽいですけど。

DSC05305

個人的にはハリアーは初代が出たときに試乗して、ピッチングやロールの大きさにおののいた記憶があるのですが、まぁ今やだいぶ支持されているクルマなので、熟成されてるんでしょうと。きっと。

あいにく飛び込んだディーラーには試乗車はなかったのですが、展示車に座ってみました。全長はAudi A3 + 30cm程度なので、大きさ的にはいい感じです。お値段もナビ無しですが280万円程度と見た目よりお買い得な感じです。座面が思ったほど高くない(パジェロやデリカのように登って乗るという感じでは全然ない)のは収穫でした。

DSC05306

ただですね、上の写真の赤破線のライン、インパネ下部の膝が当たるところですが、むちゃくちゃ鋭利で、なんでこんな造形になってるの?というエッジの立ちっぷりです。造形色的にも目立つものじゃないんだから、わざわざエッジを立てる必要なんてないと思うんですが、意味が分かりません。クルマ全体は悪くなかったんですが、ここはとても残念。

あとはやはりSUVなんで、ボンネット先端の見切りは悪いですね。これは仕方ないです。発進するタイミングで背の低い子供がボンネットの先に居ないことを検出する何らかの手段は必要ですね。

グリルの樹脂部は間違いなく黄色く劣化するんでしょうけど、OPのメッキグリルもなんかピンとこないデザインだし、まぁ樹脂が劣化せず、リセールバリューが高いうちに乗り換えるのが正解なんでしょうね。

あとてっきりエンジンは2.0ターボかと思っていたんですが、2.0NAなんですね。2.0ターボは LEXUS NXの方でしたか…。

レーダークルーズコントロールも全車速対応じゃないし、パーキングブレーキは足踏み式で、ブレーキを掛けた状態では左足の置き場がなくなるし(駐車場で待ってるときに左足のやり場に困る)、枯れた技術でまとめ上げたからこそのお買い得価格なんでしょうけど、つぶさに見れば見るほどこれじゃない感が出てきます。

まぁ一番残念だったのは「今すぐ買わない客は早く帰ってください」という気持ちが滲み出ている、ホンダ・ジェイドの時と同じ店員の対応ですけどね。暇そうな平日昼間に行ってもそんな対応ですか。

毎週毎週クルマ選びばかりに時間が取れるわけじゃないし、ツマとの合意形成にだって時間がかかるし、1年くらいかかりますよ、普通に。

ハリヤー見てると、LEXUS NXって高いだけあってやっぱり良くできてるなぁと思います。座ったことはありませんが。最近ファミリーカーを年季の入ったクラウンワゴンからNXに乗り換えた友人を知っていますが、そういう選択が成り立つのであればNXは悪くないのかなぁと。ハリヤーより見た目長持ちしそうですしね。ただ、クルマという消耗品にどこまでコストを許容するかですよね。


ニューモデル速報 第489弾 新型ハリアーのすべて(Amazon)
ニューモデル速報 No.498レクサスNXのすべて (モーターファン別冊 ニューモデル速報)(Amazon)

「ハリアー」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。以前にA3のことで色々とコメントを書かせていただきました。
    結局はA3は買わずじまいで、古い外車を購入し、故障で動かなくなってしまいました。
    現在、次の車を検討中で、考えておられる車がほぼ一緒ですので非常に参考になります。
    レクサス、手が出ればいいのですが、生活水準に見合わないのでハリアーとなるのでしょうが、御指摘の点を見るとやはりレクサスなんでしょうねー。

  2. ハリアーも自動防眩ミラーがどうしても欲しくて、そうなるとガソリンの最上位モデルでOPなど込みで車両本体397万円くらい。LEXUS NXの下の方のモデル(下の方のモデルでもフル装備)が射程に入ってきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)