PERFECT GRADE UNLEASHED 1/60 RX-78-2 ガンダム

またなんか出た。もうお財布カラだよ。

ユニコーンガンダムの変身の後付け設定である第三形態を「アンチェインド」と呼びますが、これは「アンリーシュド」。いずれも紐状のものから解き放たれたという意味ですね。

特徴としては、

・組み立て工程の刷新(手足別の組立から、全身の骨格形成を先に行う方式に)
・過去最多53箇所のハッチオープン
・大型インサートフレームによる最速骨格組立
・各部連動可動
・金属パーツ、エッチングパーツなどの多彩なマテリアルの採用
・発光ギミック

とのことで、1998年発売のPGガンダムのリニューアルとしては至極真っ当な内容で驚きはなく、複雑化、肥大化を極める方向です。

ぱっとリリースを観て気がついたところとしては、

1.ビームサーベルが光るのは1本だけ?
2.ビームサーベルの発光システムを利用してランドセルのバーニアが光るのであれば、片方のサーベルの光を両方のバーニアに回す?
3.コアファイター入ったまま動体がひねれるので、コアファイターは一回り小さそう。

というところでしょうか。完成した姿より、完成するまでの行程と、完成してからの遊びという「時間軸方向」に力点を置いたガンプラだと思いました。

自分は買う予定はありません。バンダイさんもそろそろ「家の中におけるガンプラの収納場所について」の問題にも斬り込んで貰えないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)