200GBをいきなり内蔵してみた

今までの俺の慣例だと外付けHDDケースに買ってきたHDDを入れ、「ディスクユーティリティ」の「復元」で内蔵HDDの内容を外付けにコピーし、その後内蔵HDDと交換していたのだが、今回はどうやっても外付けHDDが現在のBigDriveに対応していないつーことで、いきなり内蔵してみることに。

これでiMacG4/1Ghz/17inchがBigDrive対応じゃなかったら笑うところだが、アップルによると対応しているっぽいのでまぁやってみる。

ついでにファンを1,200rpmから、夏仕様の1,600rpmに交換してみた。風切り音が増えるが、HDDが62℃とか報告されては、背に腹は替えられん。

起動。無事200GB(表示上は186GB)を認識。ホ。「復元」で今までの内蔵ドライブの内容を移す。

HDD(Barracuda)の騒音は相変わらず静か。固定しない状態だと振動がやや気になったが、iMac内蔵ベイにマウントしたらまったく気にならなくなった。

内蔵HDDから起動。うへぇ!OS X起動ゲロ速い!リンゴマーク表示からログインパネル表示まで僅か15秒ですよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)