東芝のパルテノン宮殿、終わったよ…

Panasonicから本命っぽいブルーレイレコーダが登場

Wチューナーの500GBモデルのi.LINK付きで予想価格30万円、シングルチューナーの250GBモデルで24万円か。こりゃあっという間に実売は24.8万と19.8万だな。ディスクへの直接録画ができないのが東芝の初期のDVDレコを連想させるが、HDDに録画するという意味はユーザにだいぶ理解されていると思うので、東芝の時ほど問題にならないだろう。

BDだってのに言われなければ解らない脱力デザインが逆に新鮮。松下は家庭におけるレコーダーの居場所ってのを解ってるなぁ。こんなに下位モデルに酷似だと、「ああこれ、6万円のDVDレコーダー」なんて奥さんに言い訳して買ってしまう人続出の予感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)