秀cpas 外せた

ところでそのATOK2007(Windows版の方)だが、いつの間にか「日本語入力ON」と「日本語入力OFF」がキー割当可能になっていたので、「日本語入力ON」を「変換」キー、「日本語入力OFF」を「無変換キー」に割り当てるためだけに使っていた秀capsの常駐を解除した。

「押すごとにON/OFF」のトグル式ではなく、「何回押してもON」または「OFF」というのは、すこぶる使いやすい。日本語入力のインジケータをチェックしなくて良いので、視力維持にも役立っていると思う。

Macでもこのキーアサインになるようカスタマイズしているので、「変換」「無変換」キーの存在が不可欠。カッコイイUSキーボードに移行できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)