反射率が低くて溝が浅いDVD

なんかDVD-RWって、DVD-RAMやDVD-Rと比べて書き込みに失敗しやすい気がしませんか?と思って調べてみた。

書き込みができるDVDの信頼性は、ごく簡単に言うと「反射率」と「記録の溝の深さ」で決まる模様。

で、1回だけじゃなく、何千回、何万回も書き換えができるようにすると、記録面の反射率は低くならざるを得ないらしい。

また、DVD-ROM(DVD-Video)への互換性を高めようとすると、溝の深さは浅くなってしまうらしい。

つまり、

DVD-Rは溝は浅いが、それを反射率の高さでカバーでき、信頼性が確保できる。

DVD-RAMは反射率は低いが、それを溝の深さでカバーでき、信頼性が確保できる。

DVD-RWは反射率が低い上に、溝も浅い。すると…?

やっぱりな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)