劇場版エウレカセブンと37インチ

先日、元旦に発売、購入した「クライマーズ・ハイ劇場版」をやっと観た。我が家にはいわゆる「積ん読」のようなブルーレイディスクがいくつかある。「マクロスF第3巻」「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」も絶賛放置中だ。(マクロスはBDで観る前に再放送が始まってしまった(笑))

「クライマーズ・ハイ」は劇場でも観たのだが、家の37インチで観ると何か違う。迫力がない。BDの高画質は言わずもがな、「クライマーズ・ハイ」に至っては、あえてグレイン感を強めに出した映像処理により、環境さえ整えば劇場と遜色ない画質で観られるはずなのだが… もう37インチでは小さすぎるとしか言いようがない。

37インチでも大画面感を感じるには、(1)部屋を暗くする (2)画面に近づく。メーカー推奨の「画面の高さ×3倍」くらい (3)音に迫力を持たせる。大きな音が出せないならヘッドホン… あたりが有効のように思う。

映像はおいそれとグレードアップできないにしても、音は映像ほどの投資を必要としない。映画用のいいヘッドホンないかな…とネットをふらついていたら、ビクターのSU-DH1という、サラウンドヘッドホンプロセッサに行き当たった。これは普通のヘッドホンをサラウンド化するものらしく、下手なサラウンドヘッドホンを買うよりいい、という声もある。

ステレオヘッドホンサラウンドアダプタ SU-DH1(Amazon)

うーむ、また欲しいものが1つ増えてしまった(笑)
でも他に優先順位が高いものが色々あるので、我慢我慢。

ところで劇場版と言えば、気になっているのが「劇場版エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい」。結局時間がとれず、劇場には見に行けなかった。当初どれくらいの劇場で公開されていたか不明だが、現在の関東エリアでは新宿の高島屋タイムズスクエアでしか上映されていないようだ。

テレビ版の映像をできるだけ使い、全然違うストーリーに仕立てたという野心作。ぜひ観てみたいが、幸か不幸かBD版が間もなく発売になってしまう。うーむ、電車賃かけて高島屋まで行くべきか、BD版を買って37インチで観るか。悩む。

劇場版 交響詩篇エウレカセブン ポケットが虹でいっぱい [Blu-ray](Amazon)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)