NEX-VG10

NEX-VG10、意外と速く出ましたね。

NEX-5相当の中身ながら、まぁマイクとファインダーを奢ってるとは言え、ボディのみ10万円相当(10万円相当のレンズが付いて198,000円だから)というのはシッカリ利益が出そうな価格に見える。たぶん実売価格は168,000円くらいに落ち着くのではないかと推定。

nex-vg10

元々NEX-5の筐体に収まっていた中身ゆえ、バッテリー部のえぐれ方が凄いことになっている。もはや大きいレンズとバランスを取るため、またはハンドリングだけのための筐体の大きさと言っても差し支えないレベル。

運動会シーズンには間に合わせたけど、普通の家庭が運動会シーズンに使うカメラかなぁ?という疑問はある。まぁでもこのカメラに三脚付けて行ったら、たぶん周りの人はよけてくれそうだ(笑)。

良くも悪くもNEX-5ベースなので、操作性は従来のハンディカムの延長上にはない感じ。タッチパネルもない(これは指紋が付かないというメリットもある)。むしろNEX-5の延長上にあるのは至極当然とも言える。

ファインダー(EVF)もCX550と比べるとすごく覗きやすそう。ファインダーの解像度もCX550が20万画素なのに対して、NEX-VG10は115万画素相当とかなり本気レベル。ただアイカップ(接眼ゴム)はもう少し本格的なのが欲しかったな。

従来のハンディカムの最上位機種をあえて選んじゃうような購買層だったら、気になるカメラだと思う。これだけ大きいと旅行とかに持ち出すには気が引けるけど、一度プライベートで使ってみたいよね。CV550Vあたりと比較した場合の手ブレ補正の効き具合とかも含めて。

SONY NEX-VG10を楽天で安い順に検索

「NEX-VG10」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)