Apple純正充電池でもインジケーターが低くなる問題はどうするのだろう?

間もなく発売になるApple純正の充電池だが、

apple_battery_charger

どうも電池はMade in Japanらしく、容量1,900mAhというところからすると、サンヨー(パナソニック)のエネループかソニーのサイクルエナジーではないかと思われるが、どうやらサイクルエナジーもエネループのOEMという話もあり、するとやっぱりエネループか、という話になる。

エネループは少し太いという話もあるようだが、それもさることながら、バッテリー残量の表記はどうするんだろう?という疑問もある。

eneloop_graph
(eneloop Webサイトより)

一部高級デジカメやハンディカムなどのバッテリーと異なり、乾電池の残量を機器側で検出する方法は、あくまで電圧に頼るほかないのが一般的。元々エネループというか乾電池型ニッケル水素電池は初期電圧が1.2Vと低く、その状態が乾電池より長時間持続するというのが特徴だが、Apple純正のワイヤレスキーボードやマウスでは、満充電したeneloopでもせいぜい60%ほどのインジケータ表示になってしまう。

battery_indicator

サイドパーティのeneloopを使うならともかく、アップルブランドで販売する以上、満充電のはずなのに60%程度の表示になってしまうのはサポートの現場で無用な混乱を招くだろう。これ、解決するのだろうか、それとも放置されるのか(あくまでサポート情報で逃げるのか)、興味がある。


Apple Battery Charger MC500J/A(Amazon)
Apple Magic Trackpad MC380J/A(Amazon)

「Apple純正充電池でもインジケーターが低くなる問題はどうするのだろう?」への2件のフィードバック

  1. 私もMAGIC MOUSEをSANYO ENELOOPで使っていますが、やはり放電末期にガクッと残量が落ちてしまいますね。
    なので、50%割ったらいつ切れてもおかしくない、という脳内変換(w)して使っていますが…

    MAGIC MOUSEなどの残量表示を見ている限りでは、アルカリ電池前提の残量表示をしているようなので、「二次電池の場合は正常な残量を示さない場合があります」などというありがちな逃げ文句でお茶を濁されるんじゃないかと、イヤな予感がしています。

  2. さて、いよいよ噂のアップル製電池が発売になったわけですが、どうなることでしょう(笑
    イヤな予感が的中、でしょうか?
    (私もイヤな予感に1カノッサ(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)