アニプレックス+エディション「劇場版まどか☆マギカ」

過去にオーダーした物が集中的に届きます。バルキリーに次いで届いたのは、アニプレックス+版「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[前編] 始まりの物語/[後編] 永遠の物語」。フライング到着ですね。しかもサイトをよく見たら現在二次受付中じゃないですか。思ったほど売れてなかったんですか? まぁ、Amazonだと26% OFFなのに、こちらは定価な上に送料別途ですからね。特典に26%+送料の価値を見いだせるかどうかが分水嶺となるわけですが、私はそもそも最も安価な「通常版でいいや」と当初は思っていただけに、これは悩みましたね…。最終的には「迷ったら(ry」という座右の銘に従ったわけですが、まぁ良かったと思います。



とてもブルーレイディスクとは思えない大きさの箱。ツマは「またガンプラがきた」と思ったそうです。アニなんとかって書いてあるしね…。1/35コアファイターや、1/48バルキリーの箱より大きい、といえばごく一部の方には伝わるでしょうか。ネットの情報によると、どうもこの箱は5色あるようですね。私のは杏子カラーということでしょうか。



その大きさを支配しているのは、プロダクションサインボード。これは大きい。世帯持ちがどこに飾るんだこれ…(笑 あまり正面から撮ると著作権云々かも知れないのでやめておきます(笑



サインボードを取り出すと、ブルーレイディスクともう1つの特典「複製原画」が現れます。右方にあるプチプチの存在意義は解りません。



原画はこのパッケージに50枚以上入っているそうです。別の作品でですが、複製原画を1枚ずつクリアファイルに入れている人をネットで見かけました。私もそうしようかな…。



ブルーレイディスクのパッケージ。絵柄はAmazon等で公開されていたとおりですが、まどかの掌の上にほむほむが配置されているのはアナウンスされていませんでしたね、確か。



そのほむほむは実はくりぬき窓で、中身を取り出すと内パッケージにはほむほむメインで絵が描かれているという凝ったデザイン。この部分はアニプレックス+特有ではないので、アマゾンなどで購入された方も同じかと思います。

もちろん、メインはブルーレイディスク本体ですが、夏休みまではゆっくり見る時間が取れそうもないので、しばらくお預け。テレビ版と同じように見えて、実は結構丁寧に書き直されている本作、カッチリとしたブルーレイ画質ではどう見えるのか楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)