無料のはずのiWorkの件

日本語環境では無料でアップデートできないという噂のiWorkですが、私の環境では難なく無料でアップデートできました。

pages50

皆さんと違うのは、以下の点でしょうか?

(1) Mavericksを入れる前にこちらを先にアップデートした。
(2) iWorkの中で、Pagesしか持っていない。

うーん、(1)が有効なのかも知れませんね。

Pages 5.0ですが、だいぶ機能が減ったとされますが、それはおそらくiOS側のiWorkに歩み寄ったんでしょうね。まさか機能削減方向に進化するとは思いませんでしたが…。相変わらず縦書きには対応していないようです。

ところでMavericksですが、マウスの挙動が変わっていませんか? なんかマウスの加速度が以前と違うというか…速度設定を変えても完全に前と同じにはならないような気がします。スワイプでブラウザの前ページに戻る設定も勝手にオフになってたし、デスクトップのアイコン整列ピッチも変わってたし、一見変わっていないようで、さすがOSをアップデートするというのは大仕事なんだと思います。

「無料のはずのiWorkの件」への2件のフィードバック

  1. アイコンの整列ピッチは,昔はメジャーアップデートのたびに変わっていて,デスクトップに大量のファイルやフォルダを並べる癖のある私は,インストール後にアイコンを並べ直すのが儀式のようになっていたのを覚えています.グリッド間隔を調整できるようになったLeopard辺りからは落ち着つくようになり,Lion以降はほとんど変化なかったと思うのですが,ここへ来てまた変わるのかという感じです.
    Classic時代の操作方法から脱し切れていない私にとって,Mavericksにしてもっとも苦痛なのは,フォルダのダブルクリックで新規ウィンドウを開けなくなったことです.

  2. 本当ですね!>フォルダのダブルクリックで新規ウィンドウを開けなく
    (今知りました(笑))
    これは確かに、設定でオンオフできるようにして欲しいところですねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)