フルキーボードの構造的な欠陥

キーボードの中心

上の写真は俺のパソ机である。iMacユーザにありがちななんの変哲もない光景だと思う。iMac以外のデスクトップでも、似たような光景だろう。

ここでピンクの線はキーボードの中心であり、緑色の線は画面の中央である。画面の中央に向かって座ると、体を左にひねってキーボードを打つ羽目になる。短時間ならいいが、長時間だと辛くなり、キーボードをマウスパットに乗り上げるか、キーボードを斜め(左側が手前に来るように)にしたりして、しのいでいる。または椅子を左にずらしたりもするが、するとマウスが遠くなるし画面の左が体の正面に来てしまう。

しかし、この問題を解決する画期的なキーボードがある。

以上がApple Wireless Keyboard導入までの言い訳である。

あとは予算が…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)