消費税増税後の住宅取得の件

いろいろ勉強中です。

消費税増税に呼応する形でやれ住宅ローン減税が拡充されるとか、でも売主が個人の中古住宅には消費税がかからないとか、リフォームには消費税がかかりますよとか、消費税増税の経過措置というのがあってですね、そこらへんを含めてすべてをひっくり返してしまうほどのインパクトがあるローン金利上昇とかですね、まぁパラメータは無数にあって、増税前と増税後でどっちがトクかなんてケースバイケースなんですよね。

実は私の場合、「学区を変えたくない」という希望がありまして、まぁそう思っている親御さんは多いのではないかと思いますけど、

というわけで、
レインズとかで過去の動きを調べたり、

REINS Market Information

(レインズ面白いっすね。つい長居してしまいます)

Yahoo!不動産の動きを毎日1回はチェックしてたりはするんですが、

yahoofu

同じ学区内で出てくる不動産は、常に10件くらい出ていて、その中でだいたい2~3週間に1件入れ替わる、といった程度。

そこに対して、

・1Fが車庫で、2F/3Fが住まい、という構造は苦手
・高圧線の真下、鉄塔の真横は避けたい
・隣接道路に対して著しく高低差があるところは避けたい
・中古物件なら長押の高さが1.8m以上
・駅から徒歩15分以内
・予算以内

という追加条件を加えると、条件に合致した物件は0件になります。
過去1年はそうでした。

特に「予算以内」というところに、
過去にデジタルガジェットを買い漁ったツケが…(ぉ

つまり、「ないものねだり」です。
消費税増税がどうの、とか言っている場合ではありません。

ないものねだりをするのも自由なんですが、次第に不動産屋さんに相手にされなくなりますし、いつまでも狭いアパートで苦労するのは自分と家族です。

家は一軒手に入ればいいので、「物件0件」が「物件1件」になるまで、希望条件を緩めればいいわけです。でも上記の条件は譲れないんだよなぁ…。

少し前によさげな中古物件が出たんですが、庭の一角が高圧電線の真下にかかることと、隣が中規模のスーパーマーケットということと、交差点の近くなので家の前で加速する車が多い、という点で悩んで「どうしようかなぁ」と考えていたところ、他の方が購入されていきました。瞬殺だったようです。

そこに消費税増税のタイミングを吟味する余裕なんて、ないんですよねぇ。

あ、戸建て賃貸という選択肢も考えました。
近所に新築の戸建て賃貸ができたんですが、家賃が今の1.4倍にもなるのに、広さはたった8%増でした。
これだったらキュラーズ借りるわ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)