Gのレコンギスタとクロスアンジュ

「ガンダム Gのレコンギスタ」始まりましたね。私は劇場で観てないのでこれが初見なんですが、すごく引きの映像が綺麗なので、これはちょっと劇場で見たかったかも。

g-reco1

一方でエンディングは小画面を意識したような作りで、ターンエーガンダムのopを彷彿とさせますが、変態仮面が夢に出てきそうです(ぉ

主人公が最初から能力が高いところはガンダムとしては新しい展開ですが、いわゆるエウレカ系のキャラが富野節で動くところはキングゲイナーも同じとはいえ、新鮮です。最初から多数のキャラが登場し、それぞれがちゃんと別々の人生を背負って生きていると感じさせるところは、さすが富野作品と言うほかありません。

ただ、それと表裏一体だと思うのですが、最初から全員のテンションが妙に高くて、この人たちは何をこんなに騒いでるんだろう?って醒めた目で見てしまうのも事実。まぁハリウッド映画の台詞回し的なガチャガチャ感なのかも知れませんが、もう少し落ち着いた展開を…あ、それはユニコーンでやれってことですか。すみません。大人向けじゃなかったですもんね。でもまた富野ガンダムを観ることができて、とても幸せです。

レコンギスタの一方で、目を奪われた作品がありました。これもサンライズ製作です。

ca1

「クロスアンジュ」コードギアスではありません。
まぁopがガンダムSEEDそのものなのは最近のサンライズのフォーマットなので仕方ないにしても、冒頭の映像を見たときは「また露出の高い服を着た女がメカに乗る話か」と思っていたら…

ca2

そのメカが結構かっこいいんですよ。コクピットがオートバイ的な戦闘機で、ロボットに変形するという。水樹奈々様のノリノリの曲に合わせて生身の体で風を切って飛行する様は見ているだけで爽快感が高いです。

ca3

これはプラモが出たら欲しい!

変形機構は「メガゾーン23」の「ガーランド」に近いですが(←知ってる人はおっさん)生身で風を切るといえば「ストライクウイッチーズ」や「ビビッドレッド・オペレーション」などもそうですが、ちょっと違うんですよね、乗り物ならではの爽快感というか。バイクスタイルで操縦すると言えば「輪廻のラグランジェ」もそうでしたが、あれはクローズドコクピットでしたしね。



ca4

しかしそんな爽快感はやがて違和感に変わります。「マナ」という魔法のような力(おそらく高度に発展した科学)を人類が持つことが一般的になった世界で、マナを使うことができない人間はノーマという危険人物とされ、赤ちゃんといえども排除の対象になっていました。第一皇女のヒロイン(上の画像の左)の(赤ちゃんがノーマとして排除された母親に向かって)「次の子を産むのです」と言い放つマリーアントワネット的振る舞い。そりゃあ哺乳瓶も飛んできます。

ca5

そして実はその第一皇女自身がノーマであることが発覚し、捕らえられ…

ca6

アルカトラス島的なところで辱めを受けるという、深夜に一気に酔いが醒める展開。これは昼間放送できないです!

で、この皇女様が名前まで剥奪されて、冒頭の爽快感が高いメカに乗るというお話し。なんか後半を見てしまうと、冒頭のメカの爽快感が半減というか、あまりプラモも欲しくなくなってk(ry

ともかく、この秋のサンライズは「レコンギスタ」「クロスアンジュ」「ビルドファイターズトライ」と3作品もロボットアニメを世に送り出すという力の入りようで、もしかすると近年まれに見る豊作なのかも知れません。

上のAmasonリンクを張っていたら、「ア○ル解禁 夏希アンジュ クロス [DVD] (2012) 」という成人向け作品を見つけてしまい、もしや1話の辱めのシーンのルーツはここなのか!と戦慄したのは内緒です…

「Gのレコンギスタとクロスアンジュ」への2件のフィードバック

  1. 『Gのレコンギスタ』『ビルドファイターズトライ』『クロスアンジュ』始まってから、早半年・・・。どうして、こんな結果になってしまったんでしょうね・・・。

    『Gのレコ』はかなり期待されてました。『SHIROBAKO』というアニメで初めネタにされるくらいでした。しかし、二ヶ月くらいたって、同じ『SHIROBAKO』では『Gのレコ』はスルーされるという結果になりました。

    『ビルドファイターズトライ』は、監督変えたのが大きかったんでしょうか?前作とまったく違いますね。『前作のようなガンダムネタを使わない』と宣言した結果がこれでした。結局、前作ではあまりいい評判が聞けなかったナックル乱発、チーム戦なのにチームワークがなってない主役チームなのに、一番驚いたのは、萌え豚に最初受けていた『先輩』の評価がガクンと下落してしまったことですね。
     『美人は三日で飽きる』というのが、私の理論なのですが、それが綺麗に現れた形でしたね。『美人をいつまでも美人のままにしておくには、設定やストーリーが重要』ってことでしょ。

    それに対して、『クロスアンジュ』は、『運命』のステラは出るわ、キラが出るわ(中の人は別のアニメの『キラ』でしたが(笑))、『SEED』の武器は出るわ、監督ふっとんでますね。それがいいように、作用した形なんじゃないでしょうか?シリアスになっても、気難しくなくならず、すんなりストーリーが頭に入ってきます。

    まだ、どの作品も2、3話分(アンジュは4話ですが)残っているので、最後までこの評価が変わらないかどうかはわかりませんが。厳しいアニメ業界、『トライ』は今から巻き返したとしても、3期は難しいのかな?俺は一番『トライ』に期待していたので、かなり残念です。

  2. 私はビルドファイターズは脱落して、クロスアンジュとレコンギスタしか見られていませんが、クロスアンジュはもう視聴者の期待の常に斜め上という感じで、自分では堪能できても人様にはお勧めできないですね(笑 レコンギスタは単純な正義と悪の対立構造ではないどころか、何度も見直さないと何が起きてるのか咀嚼できないところが現代らしいなぁと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)