アニメOP 2015

今年スタートのアニメが始まってずいぶん時間が経ってしまいましたが、本命の「海色(みいろ)」が2/18にリリースされたので書いてみます。

SCREEN mode「極限Dreamer」
「夜ノヤッターマン」のOP。2015年1月開始のアニメでは最後に紹介する「海色」に続いてお気に入り。ちょっとストリングスの使い方とか終盤に向けての曲の持って行き方がエウレカセブンのBivattchee「太陽の真ん中へ」に似ている気がします。

太陽の真ん中へ:


夜ノヤッターマンは旧作に極端に媚びるわけでもなく、でもちゃんと流れを踏襲していて、笑いあり感動ありの良作だと思います。スピンアウト作品で片付けるのは勿体ない完成度だと思います。

坂本真綾「幸せについて私が知っている5つの方法」
意識高い系の海外ブログのタイトルの直訳みたいですが、「幸腹グラフィティ」という新房昭之監督のグルメアニメのOPです。原作は4コマ漫画らしいのですが、アニメ版はとても絵が綺麗で見入ってしまいました。食べて美味しがるシーンがムダにエロいんですが、そういう作品なんですか?(笑。

春奈るな 「君色シグナル」
「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた」というラノベ原作のハーレム?アニメですが、本編は見ていません。実はどこにも冴えないヒロインは出てこないという話も聞きますが本当でしょうか。OPアニメは顔を出さないヒロイン達がひたすら呼吸をするシーンが続き、フェチ色が強いような気がします。ただ、この春奈るなの曲がとても古典的なアイドル路線なのでなんだかホッとしました。こういう若干鼻にかかったような声質が好きなのかも。古くは金月真美とか。もっと古いと大野幹代(CoCo)とか、南野陽子とか。

水樹奈々「No Limit」
「DOG DAYS」というアニメのOP、3期らしいですが実は本編は観たことがありません。「宇宙Levelのシンパシー」のあたりのビートの刻み方が心地よく、つい聞き入ってしまいます。CD版は次に挙げる「終末のラブソング」と同じマキシシングルに入っています。

水樹奈々「終末のラブソング」
こんなに面白くなるとは思わなかった「クロスアンジュ」の後期エンディングテーマソング。こっちがOPの方が良かったんじゃないかなぁ…とは思いますが。常に予想の斜め上の展開が面白いですね。上の子に第一話だけ見せてみましたが「続きが気になる」という感想でした。ただエロシーンが多いので一般的には子供には見せない方がいいと思います(ぉ エロシーン抜きでも充分面白いと思うのですが、アクション、バイオレンス、エロ、ギャグの全方位で攻めてくるのが「ここまでやるか」という感想に繋がりますね。特に7話でクールな優等生のセカンドヒロインが魔法少女「プリティサリアン」のコスプレでストレスを発散するシーンには度肝を抜かれましたが、マナが使えないことに対する鬱憤晴らしと考えると意外と深い意味があるのかも知れません。

TRUSTRICK「FLYING FAFNIR」
「銃皇無尽のファフニール」のOP。TRUSTRICKというのは神田沙也加のユニットなのですが、いくら親子の不仲が週刊誌におもしろおかしく書かれていても、血筋が切れるわけでもなく、そう、松田聖子がアニソン歌ったらこうなんだろうな、という雰囲気がします。アニメ本編の方は見ていませんが、モノトーンの魔法少女服がカッコイイですね。

AKINO from bless4「海色(みいろ) 」
2015年初頭スタートのアニソンで個人的に本命。アニメ版「艦これ」のOP。私の中ではAKINO from bless4は「アクエリオン」の人というイメージですが、現代のMIOとでも言ったらいいんでしょうか。すごくアニソン映えする声質とアレンジだと思います。相変わらずカッコイイですねぇ。

「艦これ」のぽわーんとした雰囲気とどうなんだ?と思いましたが、意外と艦これ本編にハードなシーンがあるのでこれはこれでアリかと思えるようになりました。脳震盪(のうしんとう)を起こしそうな振り付けも見事です。ドラムの音色がすごく好みで、特にAパートの「記憶の意味 試されてる みたいに」のタメから「闇の中でも思い出す」のところで入るドラムがいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)