むさしの森珈琲 日本一号店

musashicafe9

すかいらーくグループが喫茶店に挑戦する「むさしの森珈琲」の日本一号店が近くにできたというので行ってきました。日本一号店と言ってもまだ一店舗しかありませんが(ぉ そもそも横浜六ツ川なのになぜ「むさし」。

musashicafe1

コメダ珈琲が関東にも乱立するようになったので、商機ありと判断しての参入でしょうか。

musashicafe7

店内はまだ新築の香りがする、とは言っても店舗の新築の匂いではなく、木造戸建ての新築の匂いです。雑誌のラインナップを見てもお分かりの通り、気取った感じではなく、自宅のリビングの延長を目指した店内のようです。

これで静かだったら言うことないんですが…ちょっと近くに声の大きなおばさまが座っていらしたので、騒音レベルは普通のファミレスと大差ありませんでした。騒音レベルだけは本当に惜しい。

musashicafe5

これがこのお店の名物のパンケーキ。

「すかいらーく初のカフェ『むさしの森珈琲』のパンケーキが絶品すぎる!」

musashicafe2

注文ごとにメレンゲを立てるところから始めるので、20分ほどかかると言われていますが、ほとんどのお客さんが注文していたので、先読みされていたのか、10分ほどで出てきたような気がします(笑

食べてみると…うん、パンケーキと言うよりは、プリン!?

musashicafe6

ランチ代わりに行ったので、パンケーキだけでは足りず、エッグベネディクトも注文。ロイヤルホストのとは全然違う、プレーンな感じの家庭的なエッグベネディクトでした。

musashicafe3

パンケーキにはトッピングメニューもあります。一皿だけ頼むとすればこちらの方がいいかも知れませんね。

musashicafe4

いま流行のジャーに入ったものとか。

musashicafe8

この喫茶店、椅子の出来の良さが印象的でした。長く座っていても疲れにくい椅子です。周囲を見渡してみると本当にいろんな種類の椅子があり、14種類もあるのだとか。ここはコメダに差を付けている部分ですね。

いまはまだオープン直後と言うことで駐車場に誘導員が配置されるほどの人気で、朝7時からやっていますが、並ばずには入れるのはせいぜい10:00頃までだと思います。客単価はコメダ珈琲とさほど変わらないように感じました。すなわち、やや高めです(笑。珈琲とメニュー1品で1,100~1,500円ほどでしょうか。

暑い日だったのでアイスコーヒーを注文してしまいましたが、落ち着いた頃の寒い日にホットコーヒーも飲んで、仕事のことを忘れてゆっくり過ごしてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)