THETA Sのサンプルを見て今年も天の川が撮れなかったことを思い出す

THETA Sのサンプルがいくつか公開されている。

RICOH THETA S |静止画

36

撮影場所は岐阜県の乗鞍観測所だそうだ。

いくら撮像素子が大型化したとは言え、1/2.3インチは廉価版コンデジクラスだ。それにF2.0のレンズとなればちょっぴり高級なコンデジレベル。天の川がここまで撮れるというのは、肉眼でもある程度見えるってことだよなぁ。

毎年、天の川撮りたいなぁと思いつつ、今年も夏が終わってしまう。
多くの方がサクサク撮ってるのを知っていながら、自分では肉眼ですら見たことがないのが天の川。

横浜近郊だと箱根で撮れるのかなぁ。
箱根新道とかターンパイクとか夜間どうなるんだっけ…?
高尾山登ったり、イニシャルDの聖地(赤城山)とか行かないとダメなのかなぁ。


RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球イメージ撮影デバイス 910720(Amazon)

「THETA Sのサンプルを見て今年も天の川が撮れなかったことを思い出す」への3件のフィードバック

  1. ありがとうございます。那須ですか~ウチからだと箱根の10倍くらい遠そう(;´Д`)でも星も10倍以上というのは魅力…

  2. おすすめな理由は星以外にもそこそこ楽しめる観光地だからだったりもしますw
    最近の子供たち(大人も?)は天の川を歌なり何なりで知っているのに観たことはないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)