東京モーターショー 2015

モーターショーに行ってきました。


(クリックでflickrにて拡大)

DSC05738

もうすごい人出で、何が何だか。メーカーブースの奥の方に全員カメラ持ってバンザイしている箇所があると、だいたいそこが目玉車両。クルマじゃなくて人混みに揉まれに行ったようなものです。今月のムスメの休みが今日しかないので今日決行しましたが、そのムスメが一番興味なさそうでしたね(;´Д`)

逆にムスコの方は結構満足したようです。ちょっとしたメーカーだと、子供だけの観覧優先席とかあるんですよね。

トヨタなんか近くの「MEGA WEB」に行った方がよく見られるんじゃないですかね?(笑

DSC05776

トヨタ・キカイ。女子用を想定していたのが意外でした。対歩行者衝突安全をどうやってクリアするつもりなんでしょうか。

DSC05781

スバルの次期インプレッサコンセプト。スバルはモック作るのが上手になっちゃったからなぁ。2017年でしょうか?出るのは。

DSC05718

一番楽しみだったのは体験試乗会。家族4人なので4回抽選の権利があり、3回試乗分当選しました。何に乗るかは悩んだのですが、「レヴォーグ1.6」「インプレッサスポーツ・ハイブリッド」「Audi A3 e-tron」の3つを選択。いずれも地味目なクルマですが、派手目なクルマは競争率が高いのと(笑 地味目なクルマこそ限界付近ではどうなるのかを見たかったというのもあります。

ではそれぞれの感想を。

「レヴォーグ1.6」
確かに加減速も充分で、コーナーでの吸い付く感じも欧州車に迫ります。確かにスポーツカーです。2.0は要らないと思わせるのですが、でも2.0のゆとりが長距離ドライブでは疲労を軽減させる面もあるんですよねぇ。1.6はレギュラーガソリンで走るのが素晴らしいですが…。

「インプレッサスポーツ・ハイブリッド」
なんと酷使されすぎて、バッテリー残量が少なくなっていました。結果モーターのアシスト量が少なくなり、ちょっと怠い加速に。レヴォーグより遅かったです。まぁでも、レヴォーグと立て続けに乗ったので、レヴォーグとインプレッサ、それぞれの味付けの違いはよく解りました。

「Audi A3 e-tron」
うん、やっぱ動力性能だけならレヴォーグの上を行くわこれ。加速、減速、剛性感、路面に吸い付く感じ、ぜんぶレヴォーグより上。設計上想定される速度域が日本車と違うので当たり前なんだけど、でもその一方で国産ではあり得ないほどのブレーキダストとかブレーキ鳴きとか、目指すところが違うんですよね。クルマは動力性能だけじゃない、と考えれば、レヴォーグの方が商品力はあるように感じました。

DSC05816

気前よく大人に1人1本ずつ配っていたアサヒドライゼロ・東京モーターショースペシャル缶。ちゃんとキンキンに冷えた状態で配ってて、メーカーブースや通路で飲まなければOKとのこと。青空ランチのお供にした人もいるんじゃないでしょうか。

さて、本当は職場でチケットが貰えるはずだったのですが、希望者多数に付き抽選となり、さすがに上司ががめつくのも恥ずかしいので辞退。なので今日は当日入場券を買うつもりで購入の列に並ぼうとしたところ、行きずりの関係者を名乗る方から「自分は関係者枠で入場するのでこれが無駄になってしまうので」と、チケット4枚を頂いてしまうと言うハプニングが。どなたか存じませんがありがとうございました。

「東京モーターショー 2015」への2件のフィードバック

  1. ありがとうございます。調子こいて、1枚目の写真だけflickrで元画像を表示できるようにしました(笑
    ただ、かなりの数の一般の方が写っているので、クレーム来たら消すかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)