学研電子ブロック EX-150

子供の頃欲しかった「電子ブロック」を買いました。
本当に欲しかったのは青い箱の昔の電子ブロックなんですが、もう手に入らないので仕方ありません。黒い箱の復刻版です。


大人の科学シリーズ7 電子ブロック EX-150

あ、青い箱も売ってるのか。こっちも復刻版か。



「子供の頃欲しかった」以外の言い訳としては、ろくにアナログ回路を語れないままここまで来ちゃったので、少しアナログ回路の勉強をしたかったというのもあります。ただ、買ってから知ったのですが、これたった2石しかないんですね。(あと位置固定のオペアンプはあります)マジメに勉強するならアキバでパーツの詰め合わせでも買った方が良かったのかも知れませんが、ブロックをちまちまと組み合わせてある程度試せるのはやはり魅力的です。



セット。写真左側の電材を見ると、面倒くせぇなぁという気持ち半分、胸のときめが半分。
学校の実験でこういう線材配布して貰うと、堪らなかったですね。←



取扱説明書というよりは、教科書。
たぶんこの本だけで価格の2割くらい占めてるんじゃないかと思います(ぉ



動作確認のためにまずはラジオを組むように取説に指示があるのですが、驚いたことに購入状態から左上隅のブロック1つ外すとラジオになるんです!(;´Д`)ナニコレー
(右下の方のたくさんのブロックも不要ですが、そのままでも未接続配列なので問題なし)

別段保護回路が入っているわけではないので、変な配線すると壊れますが(ぉ
まぁそういうものですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)