ATOK 2018 Mac は定額制のみ

そろそろ毎年恒例のATOK税の季節だなぁと身構えていたんですが、来る気配なし。調べてみたらこんなニュースが。もう半年も前の話ですが、気に留めていませんでした。

「日本語入力システム「ATOK」の提供方法を「ATOK Passport」に統一」

Mac版も例外ではなく、これから最新のATOKを使おうと思ったら、サブスクリプション型のATOK Passport版しかなくなったわけです。売れなかったんだろうなぁ。単体版のATOK。

自分はPassport版のATOKのライセンス認証の仕組みのダメさに呆れてから、ATOK Passport版を嫌っています。何がダメかというと、(1)きちんと契約しているのにスリープ解除後のネット接続が確立する前からライセンス認証に行ってエラーを出す (2)きちんと契約しているのにネット環境のないところでしばらくぶりに使おうとするとライセンス認証が取れず使用不可。 

いずれも認証の仕組みがユースケース無視で設計されているために起こっているもので、解決できない課題ではないのが残念なところ。

今年は新しいATOKには更新でず、2017のままで行きます。
ここのところずっと、「新しい=賢い」 ではないからなー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)