ヴァイオレット・エヴァーガーデン劇場版の画角

ヴァイオレット・エヴァーガーデン劇場版の冒頭に、テレビ版10話と同じシーンがあります。劇場版はシネスコサイズなので、16:9であるTV版と比較して「ん?上下が切れてるのかな?」と疑問を持ったので、比較してみました。

劇場版:

 

TV版10話(Blu-ray Discで言うと3巻):

結論から言うと上下が切れているのはその通りなのですが、同時に左右も広がっています。すなわち、劇場版は左右が広く、TV版は上下が広い。つまりこのTV版との共用シーンに限って言えば、劇場版とTV版を網羅するサイズの元絵があるってことですよね。なんて贅沢な…。

背景のボケ(被写界深度)も違いますね。おそらく劇場の方が大スクリーンで見るので、視覚上のボケ感が大きく感じるため調整したのではないかと思います。細かいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)