docomo F-42A(実家の母用)

実家の母が「ガラホ」から「スマホ」に機種変しました。独りでドコモショップに行って機種変してきました。事前に私が母に代わってdocomoのWebにて「来店予約(機種変)」を入れておいたのですが、いくら待ってもドコモショップからの「端末が用意できました」の返信が来ず、おかしいなぁと問い合わせたら、Web予約をきちんと拾えていない田舎すぎるショップでした。

本当はドコモオンラインショップで機種変したかったのですが、11月末からドコモの方針変更で、機種変申し込みはその機種変する電話番号のSIMカードが刺さった端末からしか受け付けられなくなったとのことで、しかも母のガラホはドコモオンラインショップ非対応ですから、店頭での手続きしか選択肢がなかったのです。

ガラケー(FOMA)からだと機種代金無料でできたんですが、あいにく旧機種が「ガラホ」(折りたたみ式のAndroidケータイで、LTE契約)だったので、無料にはならなかったです。

 

ドコモの店頭に高齢者が1人で行ったらあくどいこと色々やられちゃうんだろうな…とは思っていましたが、まぁさほどあくどいこともなく、ただ、母はスマホを機種代金分割払い込みで月額3千円台くらいで維持できるイメージでいたようなのですが、実際やってみたら毎月5千円強くらいかかる契約になっていました。

内容を確認したところ、当初のイメージとの差異は「5分通話無料」と「あんしんパックモバイル」が付加されていることで、この2つをマイドコモからの手続きで外して約-1,500円となり、当初イメージ通りに3千円台で納めることが出来ました。

「あんしんパックモバイル」は、「ケータイの動産保険」と「ドコモ側でのセキュリティサービス」と「遠隔サポートを受ける権利」がセットになったもので、「ケータイの動産保険」はそんなに高い端末でないため不要、「ドコモ側でのセキュリティサービス」は効果が疑問だしそんなアクティビティはないのでカット、「遠隔サポート」は私の仕事なのでカット、ということです。「5分通話無料」は年間定額で9千円近く払うことになりますが、では年間9千円も通話しているかというと、してないんですよね…。なのでカット。

母は同世代の周囲が皆スマホを使っているのを見て、自分も使いたくなったのだそうです。そういう意欲っていいですよね。生きる力になりますし。

F-42Aの使い勝手ですが、中身はAndroidではないかと思うのですが、独自UIが被っていて、画面も感圧式のためiPhoneとは異次元の使い心地です。デフォルト設定ではiPhoneで言うところの「触覚タッチ(3Dタッチ)」が「タップ」相当になっており、iPadも使う母はそこに最大の違和感を覚えたようで、その設定はオフにし、普通のスマホっぽく軽く画面をタッチするだけで反応するようにしました。

あとはLINEですね。iPadからLINEの環境を引っ越し、ホーム画面のいい位置にLINEのボタンを置きました。早速孫とLINEしているようです。私にはちっとも来ませんが。

SMS受信がデフォルトではできないようになっている(セットアップが必要な)のには驚きましたね。これはおそらく高齢者向けのフィッシング詐欺対策だと思いますが、なるほどそういう手があるのかと思いました。ただ、最近、二段階認証で使われることが多いので、そことの兼ね合いをどうするかですね。一応、セットアップしましたが。

ドコモショップの方が旧機種からmicroSDも入れ替えてくれたようで、旧機種で撮影した写真が入っていたのには驚きました。そう、悪くないショップなんですけどね、悪意なくダメなことをしてしまう印象はあるんですけど…。でもちゃんと事前に「当日は健康保険証と現金1.2万円を持ってきてください」とアドバイスくれるところはグッドだなと思いました。

法外に高いSDカードとかWiFI契約とかは押しつけられることなく、最低限、ドコモ純正のUSB電源アダプタだけは(付いてないので)購入を勧められて、まぁ良かったのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)