GUNDAM SIDE-F / ガンダムベース福岡

福岡に行く直前に知ったのですが、福岡のガンダムショップは全然違う場所に2つあるのです。まず博多駅から南にバスで15分ほどの実物大νガンダムの後ろの「ららぽーと福岡」の中にあるのが「GUNDAM SIDE-F」。博多駅から西へバスで5分ほどの「キャナルシティ博多」の中にあるのが「ガンダムベース福岡」です。

「SIDE-F」はRX-93FFνガンダムに特化した商品ラインナップで、「ガンダムベース福岡」はお台場にあるガンダムベース東京と同じような汎用的なラインナップです。「ガンダムベース福岡」にはRX-93ff関連商品は置いていません。ガンダムの絵が描かれた専用箱による佐川急便発送サービスがあるのはガンダムベース福岡だけです。SIDE-Fはガンダムベース福岡の出張所という扱いらしいのですが、もうちょっとサービスの相互乗り入れをすればいいのにねぇ。

 

こちらがららぽーと福岡、実物大νガンダムの後ろの建屋内にあるGUNDAM SIDE-Fです。

 

これが通常版のフィン・ファンネルですが、このサイズでも支柱がないと立たないのに、実物大はかなりムリですよね。

 

ネットで2分で瞬殺だった、RG RX-93ffが山積みです。

「俺は……夢でも見ているようだ…」(五郎

出掛ける前に「RG売り切れててたらどうしよう」と心配していた自分に「安心しろ」と言ってあげたい。

 

あっちもRG

 

こっちもRG

 

森口姉さんとアムロのサイン入りRG。超欲しいけどヤフオクに出たら100万円くらいになりそう。特に森口姉さんの方の「限定やけんね」が福岡っぽくてかわいい。

 

これはプライズ賞品のようですが、ららぽデザインの箱、これはこれで欲しい。

 

展示してあった「たかが石ころ1つ、ガンダムで押し出してやる!」ジオラマ。オレンジ色の照り返しは照明ではなく塗装というのが秀逸。こんな塗り方があるのか…。

 

さて場所を変えまして、こちらはガンダムベース福岡。

 

この福岡限定の深紅のガンプラが売っている以外の品揃えはガンダムベース東京と基本的には変わりません。(売り切れている商品は多少違いはあります。)

 

しかし福岡まで来て横浜ガンダムRX-78F00に会えるとは思いませんでした。だったら横浜ガンダムでRX-93ffを売ってはくれまいか。

 

最後にパッケージ改定された通常版RG RX-93 νガンダム。右上にバンダイナムコロゴが入っていて、そこにあったはずのRGロゴが左下に移動しています。なんかバンダイナムコロゴだけ馴染んでない気がしますね。見慣れていないだけかも知れませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)