基調講演発表物

うまいラインナップってのは「下位モデルのお陰で、上位モデルに目がいく」製品だと思うのだが、その点今回のiPod ShuffleやMac miniはよく考えられている。

Windowsからの乗り換えでないユーザなら、Mac mini + 市販の17インチ液晶 + 諸々 … より、iMacG5 17インチの方がいいか、ということになりそう。iPod Shuffeも純粋に音楽用途だとしても、1GBモデルからあと数千円出すとiPod miniが液晶が付いて容量が4倍 … となるケースは多いだろう。実際、iPod miniの発売時、通常のiPodもよく売れたそうだ。

元CubeユーザとしてはMac miniがどうしても気になってしまうわけだが、Cubeほど犯罪的にACアダプタが大きいわけでもなく、本体も想像よりかなり小さかったので、なかなかよさげ。USBが2.0なので、FireWireが1ポートでも渋々OKだろう。

HDDは2.5インチっぽいっすね。価格に不利なはずなのだが、あの体積を実現するのに決断したか。

メモリーが1スロット…これは微妙。Mac OS Xって512MBで使ったことないから感覚がつかめないが、実用になるのか? とはいえ1枚1GB品だとMac miniがもう1台買えちゃうくらい高いし。

分解方法もどうするんだろ。AppleのWebの分解写真では、かなりの本数のプラスチックの爪でフタを固定してあるようだが。

しかしアップル社員給料よさげなのになぁ。最近の製品の価格、挑戦的だよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)