大福iMacのCPUを換装するサービスがあるらしい

お宝さんによると大福G4/1GHzをG4/1.92GHzに載せ替えてくれるサービスがあるらしい。価格は500ドル少々だとか。通常CPUの換装はユーザレベルで行うものだが、さすがに大福はCPUが基板に直付けなのでユーザによる交換はムリのようだ。

正直悩む。特にデジカメが800万画素化してから、写真のハンドリングが重いもんで。でも過去に色々CPU換装をしてきた経験からは、純正のCPUを弄るのはあまりいい印象がない。スリープ障害になったり、新しいOSでトラブったり、かえって不安定になったりすることが間々あるからだ。

職業柄感じるのだが、デジタル回路の変更は想像しているほど簡単ではない。ハードウエアで問題を吸収できなければ、それを動かすソフトウエアで吸収するのは茶飯事。アップル純正のハードウエアならばハードウエアの問題をMac OS Xで吸収するだろうが、サードパーティが独自にアップグレードする製品はAppleの純正OSによる問題の吸収は行われないだろう。それがしばしば言われる「CPU換装したらなんか調子悪い」の1つの原因であるのは容易に想像できる。

話はそれるが、サードパーティ製のPCIカードを挿したら挙動がおかしくなったというのも良く聞く話。大抵アップルが発行するMacの技術資料の読み込みが足りないか、資料を正確に理解できるほどスキルが高くないエンジニアが設計したか、Macの技術資料に書かれていない部分の解釈がハズレているのだろう。

そんな訳で今の安定性と引き替えに2倍の演算速度を手に入れるかどうかを熟考し、今回は見送ることにした。

次に買うMacではUSB2.0も欲しいし。EOS 20Dからの転送がかったるくてたまらん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)