macOS Ventura

早速入れてみました。なんかAmazon Prime Videoオリジナルで似たような番組ありませんでしたっけ。あれはバチェラーか。

ワクワク。

あっはい。iOSに先行して実装されたやつですね。

これインストール直後は「何だこれ?」って精度だったんですけど、少し経ったらインデックスが生成し切れたのか、まぁまぁの精度に。

これ今回の問題作#1ですね。

実際使ってみましたけど、まぁまだ荒削りというか…。

今までウインドウ下部のアプリケーションアイコンと一緒に最小化されていた起動中のウインドウが、左側に寄ったんですよね。それで操作しているアプリ以外は全部左側に寄せられます。この状態ではデスクトップのファイルやフォルダのアイコンは非表示になるので、デスクトップからファイルを拾ってきてアプリにD&Dで放り込んで…なんて操作が板に付いてるととっても操作しにくいです。

これは明らかに、macOSとiPadOSの統合の布石ですね。Macユーザーをこれに慣らしておかないと、iPadOSと操作を統一できませんので。

問題作#2。いや、ライブラリ全体を家族共用ってどういうシチュエーションですか。私が分かってないだけなのかも知れませんが、iCloud写真をONにしてるとiPhoneで撮影した写真は片っ端から「ライブラリ」に自動的に入るわけで、それをリアルタイムで家族と共有ってどういう用途(;´Д`)? 使い方がまったく分からないです…。既存の機能「共有アルバム」との使い分けもよく分かりません。

 

いやぁさすが、立ち止まることを許されない企業の製品って感じがしますね。

iPhoneをWebcamにする機能はサイカセンセがiPhoneの固定マウントのレビューと一緒に記事書いてくれるでしょうから、そちらにお任せ。あれMacBookの画面側ってiPhoneの荷重に耐えられるんでしょうか。Apple自身がマウントを出さないというのはそういうことですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)