PC連動タップ導入

やっぱりiMac G5の内蔵スピーカーがショボく感じられてきたので、外部スピーカーを増設すべく、まずは電源タップから調達した。

電源タップから調達と言っても、別段音質に拘ってPCCOCとか6N-OFCじゃないとダメだとか、そういう理由ではない。iMac G5に連動して外部スピーカーも勝手に電源ON/OFFしてくれる環境が欲しいためだ。

とはいえ、俺は普段iMac G5をスリープ状態にしているので、iMacがスリープ状態ではスピーカーはOFF、iMacが電源ON状態ではスピーカーもONする、という動作のものが欲しい。

パソコンの電源状態と連動するタップとしては現在2方式が市販されており、

(a)USB端子の電源状態により連動ON/OFFするもの
(b)消費電流により連動ON/OFFするもの

がある。ここでiMacはスリープ状態でもUSBに+5Vが出ていることから、(a)はスリープ連動としては使えないことになる。

そこで(b)を買ってみた。購入直後の状態ではスリープ状態でもONになりっぱなしだったが、最近のこの手のタップは電流値を学習させられる機能があり、その機能を使ってiMacスリープ状態の電流値を覚えさせてやったところ、見事に俺の望む「スリープ連動」仕様となった。

さて、タップの用意はできたわけだが。スピーカーに悩む。あんまり大袈裟なのヤだし、とはいえ音質がショボいのもいやだし、丁度いいのないんだよな。最有力候補はTIME DOMAIN lightなんだけど、高い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)