今更ながらIntel CPUのラインナップをお勉強

今回Macに載ったのはのはいわゆるYonah(ヨナー)と呼ばれる製品群だが、

Intel Core Duo T2300/T2400/T2500/T2600 (TDP=31W)
Intel Core Duo L2300/L2400 (TDP=15W)
Intel Core Solo T1300 (TDP=27W)

があり、今回iMac / MacBook Pro(←この呼称は慣れない…)に搭載されたのはT2300/T2400/T2500の3種類。クロックは1.66~2.00GHzだが、パフォーマンスアップはデュアルコア化された恩恵が大きいと推察される。

上記のプロセッサはどうもCeleron Mベースではなく電力制御が緻密なPentium Mベースっぽいで、発熱や低消費電力についても期待が持てる。もっとも、MacBookの方はG4から比較すると、おそらくさほど電力が低下している訳でもないので、バッテリー持続時間は現行のままと推察されるが、今回の発表資料にもバッテリーについて一切記載されていないので、デリケートな問題なのではないかと思う。

しかしiMac G5も併売されるってのは微妙な対応だな。何かRosettaにクレームついたらG5に機種交換か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)