本日の悲しい出来事

DS Lite Broken

いや、ムスメがDSのペンを、DSのスロット1に突っ込んだんだけどね。中の端子がごらんの有様。4ピンほどお亡くなりになっているので、当然DSソフトは起動不可。

どうやって叱って良いやら。

Y字型のドライバーは近所では2,000円もするし(ぼったくりだよ)、分解したところでPC Watchの分解写真を見ると、スロットのカバー(中央の銀色の一番大きい部品)自体が4カ所、半田付けされており、自宅の貧相な作業環境ではこの4カ所を無事に外せる自信がない。

修理したらメイン基盤ごと交換だろうし、メイン基盤と技術料込みとなるとDS Liteがもう1台買えてしまうほどの金額になるはず。とはいえ、任天堂の出荷調整で、その「もう1台」が売っていない訳だが。

さて困った。いっそ子供に見せしめとして、目の前でDS Liteを踏んづけて粉砕し、罪の意識を植え付けてやろうかとも思ったが、ウチのムスメの性格だと、そんなことしたら「壊したのはお父さん」というレッテルを貼られるのは目に見えている。

がしかし、 任天堂のWebページによると、DS LiteのCPU基盤交換は7,000円であることが判明。良かった、これくらいならもう1台買うより全然マシだ。早速オンラインで修理依頼し、ブツを送付し、現在に至る。

部屋に残されたのは空き箱とACアダプター、ストラップのみ。ムスメが外出から帰ってきたら「DSはお星様になった」とでも言おうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)