MacOS X 10.5が6月から秋に延期になったそうで

資金繰りが厳しいので助かったという思いと、遅れたことでかえってOS単体ではなく本体ごとダイブしてしまいそうな確率がup。

でも秋にはEOS 50Dも出るし、隙あらば標準ズームもLレンズにしたいし、何らかのハイビジョンカムも欲しいし、子供の成長は待ったなしだし。本体にうつつを抜かしている場合ではないな。

  • EOS 50D: ダスト対策と1000万画素化がメインだろうが、液晶の色味がマトモになってくると心が揺らぐ。

  • 標準ズーム: 今のEF-S 17-85mm IS USMは広角側歪みすぎ。広角域を見ないようにしてLレンズへの慕情を断ち切る。

  • ハイビジョンカム: 持ってない。

  • Mac本体: まだ新しいので充分。
  • そういえばカメラメーカーの宣伝で「子供の成長は待ってくれない」とか「今しか撮れない子供の映像を高画質で」とか「子供に成長記録の映像を残してあげましょう」とか言っているが、実際どうなんだろ。

    大きくなってから自分が子供の頃の映像を高画質で見たいのか? 見たいのは自分が成長した環境とか、若かりし頃の両親とか、もう居なくなってしまった爺ちゃん、婆ちゃんとか、そういうのなんじゃないのか。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)