今更だけど 笑ってしまうくらい軽い VAIO Type G

VAIO Type G

ヨドバシで実機を持ち上げてみて腰抜けたのだが、笑ってしまうくらい軽い。そしてディスプレイ部がふにゃふにゃ。そばにいた説明員の話だと「Type Tとかは曲げたらマズイ液晶なんですが、こちら(Type G)のは曲がることが前提になっていますので大丈夫です」とのこと。

店頭で見た感じでは従来の激薄液晶にありがちな画面が「暗い」っていうデメリットも感じなかったし。ACアダプタも正面寸法がiPod nanoくらいだし。Vistaのスコアも3.1くらいあったし。あれはいいねぇ。

難点はCPUがCoreSoloで少し遅めなのと、その割には少しお高めと言うこと? ACアダプタが異様に小さいので、使用中に「ちー」とか変な音がしなければいいなぁ。(ウチのThinkPad X31のアダプタは最近無負荷時に「ちー」と鳴るようになってしまった…お陰でコンセントの抜き忘れがなくなったが…)

そしてThinkPad X60も改めて弄ってみたが、液晶を片手で開けようとしたところ下半分(キーボードが付いている方)が一緒に持ち上がってしまう。空いている方の手で筐体を押さえておかないといけないようなのだ。

ThinkPadは「片手で液晶を開けられる」っていうポリシーがあったように記憶していたのだが、軽量化でそうも言っていられなくなったのか、それともレノボになってポリシーが緩くなったのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)