旧型アップルキーボードの欠点 その2

ちょっと前まで主力だったApple Kayboard。こちらのエントリに写真が載っている普通のキーボードであるが、キーボードの中心がMacの中心に位置しない問題の他に、もう1つ問題がある。

それはキーの端をミスタイプしてしまうと、やたら押下が重くなる場合があること。パンタグラフ式ではなく、プラスチックの丸い穴にプラスチックの丸い棒を入れた状態で保持しているのだから、そのキーの端をタイプすれば斜めから力を加えることになり、プラスチックの摩擦で押下が重くなるのは当然である。

しかし、この問題を解決する画期的なキーボードがある。

以上がApple Wireless Keyboard導入までの言い訳(2)である。

あとは予算が…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)