縦位置撮影時、右手が下派?

一眼レフカメラを縦位置で構える際に、右手が上か、右手が下か。

なんとなく、写真をきちんと勉強した方は、右手が下派が多いような気がするのだが、右手を下にすると脇が締まる反面、肘をみぞおちのあたりに持ってこないと右手はしっかりホールドできない。

でもそうすると体を捻らなければならず、結構キツイ。ちょうどジョジョ4巻の表紙のようなポーズになりがちである。

jojo4

しかし右手の肘を脇に付けたままだと、右手はガッシリとカメラを握ることができず、これまたカメラブレの原因になり、何のために脇を締めているのかが解らない。

という訳で、私は右手が上派なのだが、右手が上だと脇が開いてしまうのでカメラブレが多くなったり、混んでいる場所では飛び出た肘が迷惑だったりでこちらもいいことがない。

縦位置グリップ(バッテリーグリップ)とかワイヤレストランスミッターが最高の解決策だとは思うのだが、重かったり高いんだよなぁ。


Canon バッテリーグリップ BG-E6(Amazon)

「縦位置撮影時、右手が下派?」への11件のフィードバック

  1. カメラの構造上、縦位置撮影時のシャッターボタンの上下は、右目でファインダーを覗き、一方で外界を見るのが正しいカメラの持ち方であるからして、縦位置の場合、左目ではファインダーを覗くことができないので、右目でファインダーを覗くのであれば必然的にシャッターボタンは上側にくると思うのですが。。。
    脇が開いた状態でカメラをしっかりホールドできると、周囲から見ても、おっこいつは出来るなぁ、かっこ良くみられますよ~
    クマデジさんは強靭な体をお持ちそうなんですが。。

  2. >>KMさん

    いや、確かに図体はでかいですが(汗
    遺伝なのか、やや手が震える家系なんですよね。
    カメラのPモードだとちょっとSSが遅いくらい。
    でも右手が上の方がどちらかと言えば安定しますね。

    >> KAOSSさん

    なるほどー。
    私が使っているEOSは親指でAF点選択なので
    親指が使いにくいんですよ~

  3. 私は右手が上ですねぇ。右手下だと帽子のつばが邪魔にならない利点もあるのですが、どうにも窮屈で窮屈で・・・

  4. 自分も右手下派でKAOSSさんと同じように親指シャッターです。
    自分は利き目が左なので普段の構えは右目、厳密なピンと合わせなどは
    左目というややこしい使い方をしています。が、
    縦位置は脇が閉まり親指でシャッターが自然体になっています。
    カメラの機体によってシャッターボタンが変わりますが、右手をしたから
    出したり右から出したりで、いつの間にかどの機体でも違和感なく
    使えるようになりました。

  5. 右手を下にすることが多いです~。

    ファインダーが左寄りなので、右手を下にすることで、
    低重心となりブレを少しでも抑えることができる…
    と、 *勝手に* 思ってます(笑。

  6. これは、好き好きですね。
    私は、同じく右手が上で、どうしても、脇があくのが気になっています。
    脇があくと、手振れ以外にも、撮影会などの混雑した場所で、他人に押され易いという欠点があります。
    できるだけコンパクトに構えるというのがベストなんですが、やはり、ファインダーの見易さから右上です。
    ちなみに、EOS学園でも教えておられる土屋先生は、右下ですね。
    プロでも、バラバラだと思います。

  7. 二十年以上前の写真教則本では、基本形は右手上、望遠系の長玉、光量が足りない状況など、ぶれやすいときは右手下側で脇を締める、と書かれてましたね。
    (マニュアルフォーカス、絞り環がレンズ側の時代の話でもあるわけで、
    右手上側のほうがフォーカスと絞りリングの扱いに自由度が高かったという点は考慮する必要はあるでしょう)

    まあ、ホールドが確実で、各種操作が自然に行えればどちらでもよいのでしょうけれど。

    あとひとつ、ファインダーを右目で覗くか、左目で覗くかというのも、右手上・右手下に関して重要なファクターになると思います。
    ファインダーを覗いていない(利き目と反対の)目は、つぶった状態で構図とシャッターチャンスを狙いがちですが、
    こちらの目を自由にして状況を判断できるようにすることを忘れがちです。
    利き目が右の人は、右手下で縦位置にすると、左目がボディーと自分の左手で遮られ、周囲がよく見えなくなります。

  8. 変な話で恐縮ですが、
    これからの季節、脇の臭いを意識して
    右手が下になってしまいそうです。
    やはり他人の前で躊躇なく脇を解放するのは
    勇気が必要(笑

  9. >右手はガッシリとカメラを握ることができず

    私は右手下派です。でも、右手でガッシリとカメラなんて掴みません。横構図の時もそうです。手持ち流し撮りのときですらガッシリと握りません。おわかりでしょう?ガッシリ握って縦横を瞬時に変えれます?そして縦も横もシャッターボタンは人差し指で押します。グリップもシャッターも必要最小限のチカラでが基本です。

    右手を上の構え?ありえません。鼻が当たる?顎を引きなさい。基本でしょ?

    >脇が開いた状態でカメラをしっかりホールドできると、周囲から見ても、おっこいつは出来るなぁ、

    脇を締めたホールドにはかないません。プロ・ベテランならわかるはずです。

    ベテラン気取りでおさるさんポーズは見てて恥ずかしいです。大多数が左脇しめてない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)