ソフトバンクの新iPhone料金プランに移行すべきか?

いまiPhone契約中のユーザーが「2年縛りだけど2年につき2ヶ月無料」の新料金プランに移行するかどうかは悩ましいところだと思いますが、もし2年縛りの「パケット定額フル(キャンペーン)」を契約中であるならば、もしかすると新料金プランに移行する価値があるかも知れません。

と言うのも、どうも2年縛りの解約金(違約金)は二重に徴収されないらしいんですね(要ソース)。これが事実であるならば、どうせ「パケット定額フル(キャンペーン)」の解約金を払う確率が高いので、基本料の方を「2年につき2ヶ月無料」の恩恵にあずかった方がいいような気もします。

新料金プランはとにかく解りにくいのでこれ以上詳しくは述べませんが、ソフトバンクの必至さが伝わってくる印象があります。

ドコモからiPhoneが出るとかでないとか噂される今日この頃、”「iPhone 3GS」は、FOMAプラスエリアに対応している”などという情報もあり、ここのところ純増を伸ばしてきたソフトバンクにとっては久々のピンチなのかも知れません。

ソフトバンクはiPhone 3Gを日本に持ってきてくれた功労者ですが、iPhoneが使えるというだけで渋々ソフトバンクを使ってきたユーザーが多いのも事実。iPhoneを独占している間にもう少し打つ手はなかったのかと思いますけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)