で、iPadは土壇場で32GBにした訳だが…

iTunesには、iPhoneに対してiPhotoで管理している写真を、USB経由で転送してくれる機能がある。転送に当たってはiPhoneの画面サイズ(320×480)に適した解像度(427×640くらいだろうか?)にリサイズされるので、容量もそれなりに小さくなる。

iPhone_memory

手元のiPhone 3GSで確認したところ、6,755枚の写真が転送済みで、容量は4.93GBだった。1枚あたり730kBということになる。320×480(または427×640)のJPEGにしては大きすぎる気もするが、もしかしたらなんか特殊なフォーマットなのかも知れない。(拡張子.ithmbというファイルが、…/iPhoto Library/iPod Photo Cache以下に見られる。)

で、これが画面解像度768×1024のiPadだったらどうなるか。iPhoneと比べてピクセル数で5倍以上だから、ファイルサイズも5倍になるんじゃないかなぁ…いままで4.93GBだったら、5倍で25GB!? …これが私がiPadの16GBモデルをキャンセルして32GBを注文し直した理由だったわけだが、早速同じ枚数の写真を同期してみる。

ipad_memory

…6.15GB。あ、あれぇ!? 1.25倍!? こんなもん!?

やっぱ16GBで良かったのかなぁ(汗

「で、iPadは土壇場で32GBにした訳だが…」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)