iPhone iOS4:下取り前提ならVer.UPはやめるべき

ios4_banner

明日(6/22)未明にiOS4が発表されることになっていますが、iOS4を従来のiPhone 3G/3GSに入れた場合、以下の弊害がある可能性が示唆されています。

– 動作が重くなる
– カメラのシャッター音が大きくなる、消せなくなる

重くなる件については過去のiPhoneOS 3のときもそうでした。キー入力すらままならないくらい重いバージョンが出回ったこともありました。(その後少し改善しましたがiPhone OS 2.2の頃の軽さには戻っていないと思います。)今回のiOS4が重いというのはたぶんデベロッパから漏れてきた情報ではないかと思いますが、iPhone3GSと比較してクロック1.5倍、メモリ2倍のiPhone4をターゲットにしたOSなのですから、過去機種で辛いのは容易に想像できます。

シャッター音については、特に日本市場における従来の携帯電話と比較して、撮られている相手に気がつかれにくい仕様になっていました。盗撮に使われるのは論外ですが、シャッター音が小さかったり容易に消せたりすることは表現の幅を広げるケースもあったので、残念な仕様変更です。もはやiPhoneは分別ある大人が合法的に利用するツールでもなくなったということなのでしょう。もう普通に高校生とか使ってますしね。

いくつかのiPhone買い取りサイトで確認すると、iPhoneOS3の時代では、バージョン3.1.2と3.1.3の間にずいぶん買い取り価格に差があるようです。同じことはバージョン3と4の間でも起きるはずです。通常の方法ではバージョンアップの一方通行しか道がないのもこの流れに拍車をかけています。

初回入荷分でiPhone4を購入できそうであれば(そこの読みが難しいんだけど(笑))、2~5日程度iOS4を我慢すれば、下取りの数千円ダウンを避けられる筈。その2~5日間のiOS4体験に価値を見いだせるかどうかですね。

私としては見いだせそうもないので、大人しくiPhone4を待ちます。

GRIFFIN カラフルなラバー製フレームとポリカーボネート製カバーを組み合わせたiPhone3G用ハードケース GRF-REVEAL-IP-PPL(Amazon)

「iPhone iOS4:下取り前提ならVer.UPはやめるべき」への6件のフィードバック

  1. シャッター音が小さかったり容易に消せたりすることは表現の幅を広げる

    これだからおたくはねー

    ちゃんと許可を取って撮るんだよ 写真は。

  2. 買い取り額の差はJBに関係があるんですよ。だからしばらくは(少なくともマイクロSIMが一般的になるまでは)価値が下がらないはず。シャッター音なんてスピーカーを指で××すれば…..(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)