New iMac、ちょっとした歴史の転換点

今日発売になった新しいiMac、ちょっとした歴史の転換点だと思います。

まずデスクトップMacなのにSSDが選択できるようになったこと。

201007imac1

時代ですね…。HDDとSSDの両方を同時に搭載できるようになったのもいいですね。システムは高速なSSDに、メディアはHDDに、ということでしょうか。

次にマウスに変わるポインティングデバイスが選択可能になったこと。

201007imac2

これでMacBookやiPhone/iPadと同等の操作性になり、製品ファミリとしての操作性の統一感を得られると思います。

アップルは異なる機器間でも「慣れを大事にする」ところがあり、たとえばiPadが出たときでも、iPhoneやiPod Touchがあったおかげで、誰もがiPadをすぐに使いこなすことができたわけです。そういう観点でもこのトラックパッドが登場した意味は大きいと思います。

そうそう、BTOする場合はCore i7は大抵の用途でたぶん無駄だと思います。その予算はほかに…たとえばSSDに投入した方が、トータルの体感速度は向上すると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)